世界を舞台に演奏される先生の小さなプライベートライブ

古典派からロマン派まで幅広いレパートリーを持ち、日本の主要オーケストラはもとより、海外のオーケストラとの共演も数多く、人気、実力ともに日本を代表するピアニストとして活動しています。 2005年には、英国チャールズ皇太子夫妻ご臨席のもとウィンザー城で行われたイギリス室内管弦楽団(ECO)主催の「結婚祝祭コンサート」に出演されました。

近年では、2022年12月にブダペストのリスト音楽院でヤーノシュ・コヴァーチュ指揮ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団と、そして2023年4月にはケン・シェ指揮バンクーバーメトロポリタンオーケストラと共演し高評されました。

著作には『ピアノの名器と名曲』『ショパン鍵盤のミステリー』『ベートーヴェン鍵盤の宇宙』(ナツメ社)、『ピアニストはおもしろい』(春秋社)等があります。

初心者でも楽しめる、ミニ講座つきライブです

「自分ができることを社会に返す」は子供の頃、アメリカ生活の中でピアノを弾く、というボランティア活動中に育まれた御心だそうです。そんな子供時代から和の心をもって仲道郁代ご自身が西洋音楽にどう向き合ってきたか、また、シューベルトに感じる”彼岸”の考え方は和と洋でどう異なるか、などなど世界を舞台に活躍されたからこその視点で、ざっくばらんなトークも魅力です。小さなサロンコンサートなので、普段とは違うアットホームな雰囲気の中、彼女の素顔に迫ります。定員限定なのでお早めのお申し込みをお願い申し上げます。

■開催概要

開催日

2024年4月22日(月)19時~

場所

ヤマハ銀座店

〒104-0061
東京都中央区銀座7-9-14 コンサートサロン 6階
電話: 03-3572-3139

講師

仲道 郁代

【Profile】

日本音楽コンクール第1位、ジュネーヴ国際音楽コンクール最高位、メンデルスゾーン・コンクール第1位、エリザベート王妃国際音楽コンクール入賞。ピッツバーグ響、バイエルン放送響、フィルハーモニア管、ドイツ・カンマーフィル、ハンガリー国立フィル、バンクーバー・メトロポリタン・オーケストラ等、海外のオーケストラと共演多数。 CD はレコード・アカデミー賞受賞CDを含む「仲道郁代ベートーヴェン集成~ピアノ・ソナタ&協奏曲全集」「ドビュッシーの見たもの」他。 ベートーヴェン没後200周年の2027年に向けて「仲道郁代 The Road to 2027 リサイタル・シリーズ」を展開中。 一般社団法人音楽がヒラク未来代表理事、一般財団法人地域創造理事、桐朋学園大学教授、大阪音楽大学特任教授。令和3年度文化庁長官表彰、ならびに文化庁芸術祭「大賞」を受賞。 オフィシャル・ホームページ https://www.ikuyo-nakamichi.com 

参加費

一般 YEN 13,000 / 学生 YEN 5,000
*着物をお召しの方はYEN10,000にてご案内いたします。ぜひ着物でいらして下さい。
*「銀座きもの装」を無料でレンタル致します。その際の料金はYEN13,000となります。
予約フォームのメッセージ欄に「着物で参加します」「着物レンタル希望」「学生」などと明記してくださいませ。

ご予約いただいた後で、改めてお振込み口座などをお知らせいたします。

クリックしてご予約ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です